時間外労働等改善助成金ー勤務間インターバル導入コース

時間外労働等改善助成金ー勤務間インターバル導入コース

 

自分は単に「インターバル助成金」と呼んでいます。

以前から別の助成金として存在しておりましたが、今年度(まだ正式な発表はされてませんが)結構目玉的な助成金となります。

 

「勤務間インターバル」とは簡単に言いますと、前日の仕事終了から翌日の仕事開始までの間の時間のことです。

日本では努力義務となりますが、EUではこのインターバル制は法律で定められております。

ちなみに日本ではこの4月から月45時間、年間360時間、最大延長720時間の残業時間の法律が施行されると騒がれておりますが、EUでの残業時間の規制は以前よりかなり厳しく法律で規制されております。

ちなみに残業と言えば2割5分増しということはご存知かと思いますが、世界的に見てこの2割5分増しは異常に低いものとなっております。(米国・韓国はそれぞれ5割増しです)

 

 

 

さて前置きがかなり長くなりましたが、この「インターバル助成金」、ざっくりとした概略となりますが、

就業規則の整備→インターバルの導入→時短(生産性を上げる)機器等の購入→かかった費用3/4〜4/5の助成(最大100万円まで)

となります。

 

また、現時点で詳細等は公表されておりませんが、この助成金の受給後に雇入れをした場合、パートさんの場合は最大400万円、正社員の場合は600万円まで別途助成されるようです。

 

 

 

ここからはいつもながらの文言で恐縮です・・・

その申請方法や、詳細な要件、生産性とはなんぞや、的なことをここで書きますと、とてつもなく時間がかかってしまいますので、ご訪問時にご紹介させていただきます。また、4月になると上記に記載した要件等が変更になる恐れもあることをご承知ください。

コメント