働き方改革関連法

働き方改革関連法の概要

 

2018年6月に働き方改革関連法が成立しました。

労働基準法をはじめ、今後順次改正施行されていきます。

 

大まかにみますと

・長時間労働の是正(労働時間法制の見直し)

・同一労働同一賃金(雇用形態に関わらない公正な待遇の確保) 

が、改正の焦点であると思われる内容となっています。

 

厚生労働省リーフレットリンク

 

中でも「年5日間の年次有給休暇の取得(企業に義務づけ)」は2019年4月より施行され、中小企業への猶予期間は無し、義務に違反した場合は30万円以下の罰金が科されるといった内容ですので、早急な対応が必要となってきます。

 

以降、当ブログにて中小企業様に必要な項目だけを簡潔にアップしていく予定です。

コメント