助成金とは

助成金とは

 

年も変わりました。

年末年始は会社さんもお休みが多く訪問もほとんどなかった状態の中、ある会社さんが次のようなことをおっしゃいました。

 

「飛田さんのホームページは、助成金に関する情報がないですね」

おっしゃる通りです。と言いますのもあえてそうしているのですが・・・

 

自分があえてそうしている理由は、混乱や誤解を与えたくないだけです。

助成金と一言で言いましても、その種類は多数あり、名称や手順も非常に覚えずらいものです。

そのような助成金をただ受給額だけ掲載し、いかにも簡単に受給できるかのようなイメージを持たせることに以前から疑問を感じています。

蓋を開けてみると申請要件に満たないことを後で指摘され申請を断念し、何割かの着手金や手数料だけ先にとられてしまった。ある意味、いいように扱われてしまった典型例かもしれません。

 

助成金とは本来、労働法に則り正しい形で事業を運営する事業所さんに対し国が助けてくれるものであると思っています。実際にそうであろうと感じています。

ですので、私のような社労士が、その正しい道に事業所さんを導き、助成金を受給していただくお手伝いをしているのです。

 

正しい道への導きを疎かにすること自体、道から外れていると思います。

 

もし現時点で自分のページで助成金の紹介をするとすれば次のようなものとなると思います。

「年末に申請期間が終了した助成金ですが、今年は100万円に増額され再度開始される予定です」あるいは

「45歳以上の方の雇用に関する90万円の助成金が今年は注目されます」・・・

しかし、このように漠然とした案内だけですと受給額だけが独り歩きし、肝心の正しい道への案内が後回しになるだけです。

 

ですので、開催するセミナーで助成金の内容や申請要件をお伝えしたり、直接会社さんへ訪問し自分のページでは掲載しない助成金を正しい道とともに紹介しているのです。

 

 

 

 

 

元日の休業

元日の休業

 

ここのところ、サービス業の「元日の休業」という記事を目にするようになりました。

自分が未成年だった頃までは当たり前だった「元日の休業」が、なぜか刷新的なイメージで感じるのは気のせいでしょうか。

 

ある大手企業さんにあっては「大みそかの午後3時から元日までの休業に踏み切る。同社の売り上げは約2億円減る見通しだが、従業員への配慮を優先する。」とのことです。

このブログでも以前紹介いたしましたが、東京のサービス業では外国人従業員ばかり見かけるようになり、日本人従業員がなかなか集まってこない状況下です。いわゆる「人手不足」です。

それだけ首都圏の人手不足は深刻なのですね。

 

11月に開催した「助成金活用セミナー」ではスライドで様々な画像やグラフ、数字を用いて日本・東京・世界の状況をお伝えいたしましたので、ご参加いただいた会社さんはおわかりいただけているかと思います。

地方と東京首都圏とでは世界が全然違うのです。

 

「平成最後の・・・」と言われるところではありますが、いろいろな面で今年と来年は一つの節目(区切り)になるのではないでしょうか。「働き方改革関連法」もその一つだと自分は思っています。

 

先の「元日の営業」も平成時代に特有の一つの現象だったと語られる日が来るのかもしれませんね。

「有給休暇の付与義務」セミナー開催

働き方改革関連法 「有給休暇の付与義務」 セミナー開催情報です

 

日時:2019年2月12日(火)・13日(水)

場所:長野県自治会館 小会議室

http://www.union.nagano-map.lg.jp/

受講料:無料(事前予約制・申し込み締め切りは1月25日です)

両日共:14:00〜16:00  定員:各15名(定員枠に達し次第予約は終了となります)

 

11月に開催した「助成金活用セミナー18」において、来年4月から一斉施行される「年次有給休暇の付与義務」を全く知らない事業主さんが多かったので急遽開催いたします。中小企業への猶予期間が無しとなっておりますので、このセミナーは法改正直前のセミナーとなります。

当日の会場駐車場には駐車場のご用意がございます。

 

現在受付中でございます。

受講を希望される会社様へ申込書をメール添付送信、あるいはFAX送信いたしますので、下記アドレスあるいはFAXにてご連絡ください。

 

件名に「有給休暇セミナー 長野県自治会館 」とご記入いただき

・貴社名

・参加希望日時

・ご参加者様名

・お役職名

・お電話番号

・FAX番号

も併せてご記入ください。

 

📧  info@toyomi4864.com

Fax 026-403-4864

 

 

長野県自治会館の地図

社会保険労務士制度創設50周年記念式典

社会保険労務士制度50周年記念式典

 

昨日12月5日、東京国際フォーラム ホールAにて、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、記念式典が盛大に執り行われました。

 

 

 

記念品として頂いた月餅、素晴らしいです。

 

社会保険労務士制度創設50周年

社会保険労務士制度創設50周年

 

1968年(昭和43年)に社会保険労務士制度が創設され、本日2018年12月2日で50周年を迎えました。

おめでとうございます。

 

私も出席の予定ですが、記念事業が12月4日と5日にかけて帝国ホテル、国際フォーラムで開催されます。

 

 

   

助成金活用セミナー ご参加いただきまして、ありがとうございました

助成金活用セミナー年内開催分終了

 

昨日の松本市駅前会館の開催分にて「助成金活用セミナー18」が無事終了いたしました。

今回は千曲市、長野市、松本市と合計6会場12講演でした。

ご参加いただきました皆様、寒くなってきた中でのご来場、ありがとうございました。

かなりの反響をいただき、現在、ご相談訪問の日程を調整中でございますが、なるべく早くお伺いさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

大阪万博

大阪万博

 

2025年に大阪万博開催が決定いたしました。

2020に東京五輪、2025に大阪万博

 

この響き、あの高度経済成長期を感じませんか?

1964に東京五輪、1970に大阪万博

 

自分は東京五輪の時にはまだこの世には存在せず、大阪万博の時は幼稚園児でした。ですので、当時の高度成長期のリアルタイムな部分はわからず、バブル期だけは覚えております。

しかし、いろいろな統計的グラフを見ていると、この高度経済成長時代の凄さというのはわかります。

なので、逆にリアルタイムでなかった部分が少々残念ではありますが。

 

今の日本、首都圏だけではなく、長野を含めた地方がこれを期に、あの高度成長期のような状態になってくれればと節に思っております。

 

 

助成金活用セミナー 長野市勤労女性会館しなのき アスペース篠ノ井 ご参加ありがとうございました

21日の長野市勤労女性会館しなのき、本日22日のアスペース篠ノ井にて開催いたしました助成金活用セミナーにご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

 

今週は長野市3会場で合計6講演のセミナーとなり、終了後のお問い合わせの多さには正直驚いております。

ご相談くださった皆様には後日あらためましてご連絡させていただきますので、よろしくお願いいたします。

本来であれば10月中のまだ寒くならない時期にセミナーを行いたかったのですが、都合上11月となってしまい、寒くなってきた中での開催になったことを反省しております。

 

来週は松本2会場でのセミナー開催となります。

うち、1会場はJ1昇格・J2制覇を成し遂げた松本山雅の本拠地サンプロアルウィンでの開催となります。ガラス越しに選手目線でピッチが見渡せる会議場というめずらしさがある会場です。

また、今年のセミナー最終日の松本市駅前会館の午後の部、定員枠に近い状況をいただいております。

この両日のセミナーとも、お越しいただく皆さまには、長野以上のものをお伝えできればと思っております。

当日はよろしくお願いいたします。

助成金活用セミナー 長野自治会館 ご来場ありがとうございました

助成金活用セミナー 長野自治会館 ご来場ありがとうございました

 

長野市会場セミナー初日、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 

いただいたアンケート用紙を拝見させていただいたところ、内容が少し難しいと思われた方が何名かおいででした。

今後の反省材料です。おそらく「有期契約」の定義がわかりずらかったのではと自分では思っております。

さっそく、スライド資料を改良させていただき、本日以降より始まる4会場においては、より理解しやすいものへとさせていただきました。気づかせていただいた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

セミナーを開催させていただきますと、いろいろな点、気づかせていただけます。

 

また、自分はセミナーや営業というものが好きです。自分自身に何かやる気を与えてくれるからです。

逆に机に座って考えているだけなパターン、これ実は好きではありません。ただ、知識の習得、取得におきましてはさすがに座ったり、じっとしていますが。

 

本日は「長野市勤労女性会館しなのき」でのセミナーとなります。

午後の部はすでに定員枠に近い状態となっております。よろしくお願いいたします。

One Soul

One Soul

 

松本山雅、やりました!!

おめでとうございます!!

J2制覇とJ1昇格、ほんとにすごい!!

 

かれこれ15年前くらいに、自分は前職の関係で松本に2年間住んでいたことがありました。

当時、仕事で松本空港近くまで行っていたのですが、アルウィン(現サンプロアルウィン)の外観を見た時に「すごい物を作ったもんだ」と感じたのが、正直なところでした。

 

それから10年近くが経ち、松本山雅がJ2昇格というニュースを聞き、思わずアルウィンでのチケットを購入。

その後、J1昇格が決まってから、もう一度アルウィンへ。

アルウィンでの試合は2回しか観たことがないのですが、超満員の緑一色のスタンドの一体感の素晴らしさがいずれも記憶に残っています。

今回は先に予定があったため、観に行けませんでしたが、満員の19,066名の緑のスタンドの素晴らしい一体感が新聞やネットからでも感じることができました。

とにかくあの一体感は「素晴らしい!!」の一言です。

テレビで観るのではなく、実際に行ってみた者でなければ味わうことができない素晴らしさ。

 

今月28日にそのピッチを窓ガラス越しに見れてしまうという、なんとも贅沢なサンプロアルウィン会議室にて助成金活用セミナーを開催いたします。

また、翌29日には松本市駅前会館で同じくセミナーを開催いたします。

 

松本の皆さん、よろしくお願いいたします。

そして改めておめでとうございます!! One Soul ! One Soul !